メンズ脱毛と日焼けの関係

光脱毛やレーザー脱毛などのメンズ脱毛はムダ毛に含まれている黒い色をしたメラニン色素に光やレーザーを集中させてメンズ脱毛の施術を行います。

ですので、肌の色が黒くなっているとメンズ脱毛の効果が現れにくくなってしまいます。日焼けの度合いが強すぎるときには火傷などの恐れがあるのでクリニックや脱毛サロンから脱毛の施術を受けること自体を断られてしまうこともあります。そのため、行動が特に制限されてしまうというデメリットがあります。

夏場はもちろんのこと、冬の間であっても外出するときに日焼け止めクリームは必ず塗っておく必要があります。どうしても日焼けをしてしまう体質の人は、クリニックのお医者さんや脱毛サロンのスタッフと相談をして、夏場の脱毛の施術は避けるという方法もありますが、その場合はムダ毛の生え替わるサイクルが乱れて余分な脱毛の施術回数が必要になることがあります。

光脱毛やレーザー脱毛は熱を発生させる方法で行なわれます。ですので、出力が高い光やレーザーを使用すると火傷を負ってしまう可能性が高まってしまいます。細いムダ毛に脱毛の施術を施したときには、特に高い出力の光やレーザーを照射しないと効果が現れくいため、火傷の危険性が必然的に高まってしまいます。肌に含まれる水分が足りない状態だと、肌をガードする機能が衰え、火傷の危険性が高まってしまいます。メンズ脱毛の施術を受けている期間は肌の保湿ケアを心がける必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *